残尿感の対策と予防

残尿感や頻尿を普段から予防するためには、ごくかんたんな対策が効果を発揮することがあります。

 

基本的に細菌性の前立腺炎ではない場合は、あまりイッキに飲料をガブ飲みしないことです。
単純にオシッコの回数を減らすために、必要最低限の水分を摂取するようにしてくださいね。

 

膀胱内の残尿量を増やしてしまうとどうしても頻繁にオシッコに行くことになってしまいます。
頻尿を助長することは控えてください。

 

もちろん長時間乗り物に乗車するときは、利尿作用のある飲料はできる限り控えてください。

 

それと心理的なストレス性の頻尿も考えられます。

 

実際には膀胱にオシッコがなくても、残尿感を覚えてしまいトイレに何度も行ってしまう。
本人はガマンできなくなって排尿に行っている場合が多いようです。

 

あまり何度もトイレに立つのは恥ずかしいが、漏らしてしまうのではないかなどとストレスを感じるほどに、尿意を感じてしまうんですね。これは本人も「何度でもトイレに立っていいんだ」とゆったりした気分で構えておくことが大切です。

 

もちろん周りの人間も、排尿の回数をはやしたてたりしてはいけません。

 

最近では残尿感や頻尿対策のサプリメントも市販されており、優れた効果を発揮するものもの出てきています。