残尿感

MENU

残尿感ってどんな症状?

残尿感や頻尿で日常お困りの方は、老若男女問わず相当数いらっしゃるようですね。
特に中年にさしかかった男性に多く見られる症状です。

 

例えば初期段階の残尿感とはオシッコをした後に、

  • まだ出しきった感じかしない
  • なんだかスッキリしない

といった尿が膀胱にまだ残っているような感覚を指します。

 

睡眠途中でも何度も目が覚めてトイレに駆け込むが、行った先からまた尿を排出したくなる・・・
ちょっと水分を摂っただけですぐに尿意を催す。オシッコもチョロチョロしか出ず、おまけにキレが良くない。

 

このような症状があると映画やお買いもの、ミーティングや長距離の乗り物など、外出時には本当に不安になってしまいますね。

 

前立腺が肥大している場合は、尿閉といって腎臓で作られた尿の排泄の働きが機能不全になり、オシッコが出なくなることもあります。
このような排尿障害が進行すると、病原体がおしっこの通り道である尿路に感染してしまうこともあります。

 

排尿し終わった直後、ズボンのチャックを閉めたとたん尿漏れしパンツを濡らしてしまう。
これはすぐに排尿疾病と判断するほどのことはありませんが、やはり残尿を感じていらっしゃる方に多くある症状です。

 

さらに悪化して慢性的に残尿感を覚えるようになってくると、排尿するときに痛みを伴ったり、オシッコに血液が混じる場合もあります。