女性の頻尿の特徴

20~30代の若い女性でも残尿感や頻尿を訴える方がかなりいらっしゃるようです。なかには、自分の症状は膀胱炎などに進行するのではないか?と心配されている女性も多いようです。

 

例えば神経性頻尿であるなら心因性のものですから、検尿での見立てに異常はありませんし、細菌による感染も見つかりません。

 

症状としては1回の排尿の量がかなり減少していきますが、回数は精神的ストレスに比例して頻尿になっていく傾向があります。

 

感染の場合は、最初は痛みを伴わない残尿感だけだったのが次第に膀胱炎へと進行していくケースが多数報告されています。

 

女性器の作りはどうしても細菌が侵入しやすいので、便を拭き取ったときに感染してしまうこともあるようです。

 

排尿後、感覚的に残尿感をハッキリ感じるようでしたら、泌尿器科で実際に膀胱内の残尿量を診てもらえます。そこから判断してお薬で手当てしてもらうようにしましょう。とくに女性の場合、生理期間中に膀胱炎を発症することがあります。

 

症状としては細菌感染による痛みを伴った残尿感がありますので、大量のお水を飲んで洗い流す方法が一般的です。その場合は、抗生物質のお薬を投与すれば短期では翌朝に症状が治まっているケースもあります。

 

ただし膀胱炎はしっかりと完治しておかないと、何度でも容易に再発する可能性がありますのでご注意ください。