ノコギリヤシって何?

ノコギリヤシという植物が人体の予防効果という観点からこのところ注目を浴びていますね。

 

このノコギリヤシとは南米に多く生殖するヤシ科の植物なんですね。
別名ソーパルメットというハーブの一種です。

 

葉の形状がノコギリの刃のようになっていることからノコギリヤシという名前に命名されたそうです。
二百年以上前からアメリカ先住民のネイティブ・インディアンたちが強壮剤として利用していたものだとか。

 

その後欧州各地でも薬効目的で摂取されるようになりました。
実際、独・仏では医薬品としてノコギリヤシが認可されています。

 

ノコギリヤシは年に一回果実がなるのですが、この実に含まれる成分が優れた薬効があるのです。

 

その効果として有名なのは、特に中年男性特有の症状に予防・対処作用があるとして珍重されています。
例えば男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大、排尿障害などに一定の効果を発揮することが認められています。

 

ノコギリヤシの主な有効成分は、モアーテルターゼです。
このモアーテルターゼは前立腺肥大を引き起こす要因となるリダクターゼという酵素の働きを抑制する効果があります。

 

ノコギリヤシの有効成分を摂取することで、残尿感や頻尿の体質改善が期待できるようです。

 

ただし大量に摂取することでの副作用に関しては解明されていないところもありますので、薬局や医者の指示を仰いでください。

ノコギリヤシとは?|頻尿解消サプリメントランキング関連ページ

ノコギリヤシの効果
ノコギリヤシの副作用
ノコギリヤシと女性