ノコギリヤシの副作用

ノコギリヤシの頻尿や残尿感に対する効果は非常に有名ですが、その副作用についてはどうなのでしょうか?

 

結論から申しますと、1回の摂取適量は320mgとなっていますが、実際にはその2倍くらいまでの摂取量なら大丈夫だそうです。

 

むしろノコギリヤシの試し始めに関しては、少し多めのほうが効果が高くなるという結果も報告されているようですね。ただし尋常でない過剰摂取はもちろん控えた方がいいようですよ。

 

旧来からある前立腺肥大症に対する化学合成薬品は、ホルモン系の薬剤が主流で、残念ながら副作用も見られたようです。

 

ところがノコギリヤシは基本的に天然ハーブの健康食品ですから、とくに副作用があったという報告はありませんよ。何百年も前から人類が摂り続けてきた植物です。

 

主にイギリス・フランス・ドイツや北欧などではノコギリヤシの効果が確認され、薬用として正式に認可されています。さらにサプリメント大国アメリカでも大変な支持を受けていて、常時サプリメント・ランキングのトップ・テンに入っているそうです。

 

もしもお腹を壊しやすい体質の方は、食後30分以内に摂取することをオススメします。このタイミングだと消化酵素がよく機能していますので、ノコギリヤシも容易にカラダへと摂取されていきますよ。

ノコギリヤシの副作用|頻尿解消サプリメントランキング関連ページ

ノコギリヤシとは?
ノコギリヤシの効果
ノコギリヤシと女性